大人ニキビのケアにハーブを・・・

 

お肌のトラブルはさまざまありますが、その中でもできてしまうと厄介なのが大人ニキビです。

10歳代後半にできるニキビは思春期ニキビと呼ばれ、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌によって多量の皮脂が分泌されることが原因ですが、20歳を過ぎ、成人してからできる大人ニキビは思春期ニキビとは全く違った原因で発生します。

大人ニキビの主な原因は、睡眠不足、栄養バランスが偏った食生活、運動不足、ストレス、間違ったスキンケアなどが挙げられますが、さまざまなことが絡み合って複雑になっているので、原因を簡単に特定することはできません。

そんな厄介な大人ニキビは、治ってからもケアが必要で、また同じ場所に繰り返してできるというしつこさがあり、もし、爪で傷つけたりするとニキビ跡として残ってしまう恐れがあります。

この大人ニキビの予防対策として一般的なのは、まず、毎日、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂り、常にストレス発散を心がけるなど、生活習慣の見直しが必要です。

そして、スキンケアとしては、常に清潔な状態を維持し、しっかりと潤いを与えて保湿するということです。

ですが、こんなことはニキビケアとして当たり前のようになっており、ニキビでお悩みの女性なら既に実践済みだと思います。

そこで、ニキビケアに有効とされているハーブをオススメします。

ハーブの中でも、オススメなのがハトムギ茶として有名なハトムギです。

このハトムギを摂取することで、肌の新陳代謝が活発になり、老廃物を排出するなどして、ニキビだけでなく美肌作りに効果的となります。

ハトムギ以外では、チェストツリーが有名で、薬用、医薬品として使用され、女性ホルモンの分泌を調整する効果が期待できます。

ちなみに、女性ホルモンと反対に男性ホルモンを調整する働きをするのがノコギリヤシです。

これらのハーブは、お茶として日常の生活習慣の中で簡単に摂取することができるので、ぜひ、試して下さい。