ターンオーバーを正常に維持してシミ予防

 

女性が抱える肌のお悩みの中で常に上位に位置するシミ。

そんなシミは、ある日突然、顔に茶色く表れます。

しかし、シミは数日前に浴びた紫外線が原因で突然できるものではなく、若い頃から今まで、長年にわたって浴び続けてきた紫外線の量の蓄積が、あるレベルに達したことでできるものです。

こうしたシミを見つけると、もちろん、ショックでしょうが、まずは、美白化粧品でシミをカバーしようと考えると思います。

しかし、なかなか簡単にシミを白くして消すことはできません。

そもそも美白化粧品は、漂白剤のようにシミを白く消すものではなく、シミを作るメラニン色素を減らすように働くものなのです。

一般的にシミというと、日焼けして紫外線が原因で表れる老人性色素斑というものですが、このシミがまだ薄く見えるか、見えないか程度の初期的なものなら、美白化粧品でも有効ですが、茶色になって完全にでき上がってしまったシミは、メラニン色素に関係なく、皮膚の構造自体が変化しているので美白化粧品の効果はありません。

シミは肌が紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてシミのもととなるメラニン色素を作り始めます。

このメラニン色素を製造している最中で、なんとか抑えようとするのが美白化粧品の役目で、シミが表れる前の予防としてシミを作らないために使うのが本来の目的です。

そして、シミが表れるもう一つの原因として、肌細胞の生まれ代わるサイクルのターンオーバーが大きく関係しています。

ターンオーバーが正常に働いている若い頃は、日焼けして紫外線を浴びても、メラニン色素は徐々に排泄されて直ぐに元の肌の状態に戻りますが、加齢の影響や何らかの原因でターンオーバーの働きが低下すると、古い角質とともにメラニン色素も残って、シミとして表れます。

サエル

加齢の他に、このターンオーバーを乱す原因を挙げると、肌の乾燥などがあります。

加齢による衰えは人間として生きている以上、どうしょうもないことですが、乾燥から肌を守るなど、常にターンオーバーが正常に働くことを考えたスキンケアを心がければ、シミだけではなく、加齢によるさまざまな肌トラブルを少しだけでも防ぐことができます。

また、シミ対策としての美白化粧品による予防だけでなく、毎日、6時間以上の十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスの良い食事を摂り、ストレスを溜めないなどの規則正しい生活を送ることも必要で、こうした生活習慣が美肌につながります。