「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

確かな酵素ドリンクを飲んでから・・・

 

今は、多くの女性がダイエットや美容に効果的ということで酵素ドリンクを愛用しています。

実際に、インターネットの通販サイトでは、いろいろなメーカーの酵素ドリンクを販売し、売り上げをどんどん上げています。

そんな酵素ドリンクを選ぶ時は、中身を吟味することを忘れてはいけません。

酵素ドリンクのもととなる野菜や果物などの品質、それに、そのドリンクの製造方法などに注意して確かめることが大切です。

また、抽出方法によって飲んでもあまり酵素が効果を発揮できないものもあるので、製造方法に注目し、自分自身でも酵素ドリンクの製造について調べてみることをオススメします。

確かな酵素ドリンクがあってこそ、ダイエットや美容の効果があらわれます。

この酵素ダイエットのメリットの一つは、普段の食事のうち、1食を酵素ドリンクに置き換えることで、酵素の他に、ある程度の栄養素が摂取できて、カロリーをセーブできるというところです。

せっかく、酵素ダイエットを実践しているのなら、お菓子やケーキなどの間食は避けたいところです。

ですが、「絶対ダメ」と決めてしまうと、どうしてもストレスが溜まってしまうので、週に1回くらい、少量なら「OK」という日を作ってもいいのではないでしょうか。

過度の我慢は良くないですが、間食でつまんだものが、たとえ低カロリーの食材でも、口にすれば太る要因になるかもしれないということも頭に入れておく必要があります。

そもそも、1日朝、昼、晩をきちんと栄養バランスの良い食事を摂っていれば、そんなに間食したいという空腹感は起きません。

運動などで、消費エネルギーを高めることができないのなら、間食などの余分なものを食べたいという欲求をしっかりとコントロールしなければなりません。

しかし、1日に2食以上、酵素ドリンクに置き換えるというような無理な食事制限は絶対に避けましょう。

確かに、ダイエットの基本は、1日あたりの総消費エネルギーが摂取エネルギーを上回る生活習慣を作ることですが、大幅に食事量を減らしても、簡単には痩せられないというわけです。

痩せられないどころか、栄養不足から体調を崩して病気になってしまう恐れもあります。

例えば、朝食を酵素ドリンクに置き換えたら、昼と夜は、決められた適量の食事をしっかり摂ることです。

できれば、酵素ダイエットに加えて、無理なく行える手法のダイエットを併行すれば効果もどんどんアップします。

大澤美樹 ダイエット

ですが、短期間で効果を求めず、長期計画で行うことが大切です。

 

 

 

食べ過ぎの食事は酵素を浪費してしまう!

 

世の中には数え切れないほどのさまざまなダイエット法が存在して、どれが自分に合って長く継続できるかと迷っているうちに、次から次へと新しい手法のダイエットが現れてきます。

そんな中、最近は女性の間で酵素ダイエットが人気のようです。

酵素ダイエットとは、ネットやドラッグストアーなどで市販されている酵素ドリンクを飲み、酵素の力で代謝アップして痩せるという手法です。

実際に、ここ数年、ネットの通販では、かなり酵素ドリンクの売り上げを伸ばしているようです。

そもそも酵素とは、一体何なのでしょうか。

酵素は人間の体に存在する物質で、体内には1万以上の異なった酵素が存在すると言われています。

それらの酵素は、それぞれの異なった役目を果たし、この酵素の存在なしでは、食事から摂取したものをエネルギーに変えたり、手足を動かしたり、呼吸をしたり、会話をしたり、臓器を動かしたりするなど、生命を維持するための働きをすることはできません。

しかし、体内に存在する酵素は、年齢を重ねるとともに加齢の影響で減少し、また、食べ過ぎの食事を続けていると酵素を浪費することになってしまいます。

元々人の体に存在する酵素は潜在酵素と呼び、この潜在酵素の働きを大きく分けると食物の消化活動に必要な消化酵素と生命活動に必要な代謝酵素に分けられます。

それに対して、食事などの外部から摂取する酵素を外部酵素と呼びます。

そして、この2つの酵素の量は限られているので、食べ過ぎの食事をすると消化酵素だけでは対処できず、代謝酵素が消化のために使われるようになります。

すると、代謝酵素が不足がちになり、本来の生命活動ができなくなり、その結果、体の代謝機能が低下して太りやすい体になり、健康状態にも悪影響を及ぼすことになります。

そんな酵素不足の状態に陥らないように、外部からの酵素を酵素ドリンクで摂取して不足分を補うというのが酵素ダイエットの目的です。

生命活動に使われる代謝酵素の量が体内に十分あれば、基礎代謝量が高まり、新陳代謝も活発になって痩せやすくなり、健康で美容にも効果的というわけです。

外部酵素は、流行の酵素ドリンクの他には、果物や生野菜、生の肉や魚、発酵食品などから摂取することができますが、その前に、脂肪分が多い高カロリーの食品や肉料理、油っこい揚げ物などばかり食べていると潜在酵素の浪費になるので、まずは、酵素を浪費しない食生活を身に付けることが必要です。