育毛の敵とされている皮脂ですが・・・

 

薄毛や抜け毛で悩む女性が増えている中で、毛穴を詰まらせる原因になる皮脂を除去してキレイで清潔な頭皮環境を整えるということが女性の薄毛、抜け毛を改善し、予防する対策とされています。

このように、皮脂は育毛の大敵のように言われていますが、実は、皮脂は人の体にとってなくてはならない重要な成分です。

皮脂穴から分泌される皮脂は、汗と混じり合って皮脂膜という保護膜を作り、肌内部の水分蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守っています。

このような働きは体全体で行われ、もちろん頭皮も例外ではありません。

もし、皮脂を取り過ぎて乾燥肌に陥ってしまうと、敏感肌になったり、ニキビができたりとさまざまな肌トラブルが発生し、頭皮も乾燥から古い角質が厚くなり毛穴を塞ぐことになってしまいます。

洗髪を疎かにして、余分な皮脂や汚れが溜まるような不潔な状態の頭皮は、毛穴を塞いで抜け毛を招き、また、育毛剤の浸透を妨げるということが起きますが、単純に皮脂は育毛の敵と考えるのは間違いです。

それよりも、毎日使用する育毛剤やシャンプー剤などに含まれている成分が、頭皮にダメージを与えて頭皮環境を悪化させ、薄毛、抜け毛を引き起こす恐れがないか、よくチェックしてから使用することが必要です。

特に、洗髪に使うシャンプー剤は、どうしてもテレビコマーシャルによるネームバリュー、泡立ち、香りなどを基準に選んでしまいがちですが、使用されている成分をしっかりとチェックしなければなりません。

例えば、泡立ちを良くするために配合されている石油系合成界面活性剤や髪のツヤを出して手触りを良くするシリコンシャンプーなどが挙げられます。

石油系合成界面活性剤は、大量生産されている安価な石油系シャンプーに多く含まれています。

しかし、洗浄力が強く頭皮に刺激を与えることになってしまいますので注意が必要です。

成分表示に「ラウリル硫酸」「ラウレス類」などと書かれている場合は、石油系シャンプーになります。

シリコンは、髪の手触りを良くするために髪に膜を張ってコーティングするので、それが毛穴を塞いでしまったり、汚れとして蓄積してしまう恐れがあります。

頭皮が弱いと感じている人は、刺激の少ないアミノ酸系、そして、ノンシリコンといったシャンプー剤をオススメします。

また、フケが多かったり、かゆみがあるといった症状は、シャンプー剤の影響かもしれませんので、今、使用しているシャンプー剤や育毛剤を見直してみましょう。

 

 

無理な食事制限はダメですが・・・

 

とりあえず、手っ取り早くて簡単にできるということで、大幅に食事量を減らすという無理な食事制限だけによるダイエットを始めてしまう人は多いようです。

食事制限を続ければ、確かに、最初は順調に体重が落ちていきますが、しばらくすると体重が一向に減らなくなり、体重の壁にぶつかります。

この症状は、体が少ない摂取エネルギーを感知して脂肪を溜め込もうとして「省エネモード」に切り替わったために起こります。

ダイエット法の基本中の基本は、1日当たりの総消費カロリーが総摂取カロリーを上回るという赤字収支の生活を送ることです。

ですが、大幅に摂取量を減らして、簡単に痩せられるほど人間の体は単純ではありません。

食事制限だけによるダイエット法は、省エネモードになって停滞期に入り、体重が減らないというだけでなく、ダイエットを行う上で、致命的な大問題が発生しています。

それは、これまでに体重が落ちた分の中身は、体脂肪より筋肉が多いということです。

本来、ダイエットの目的は余分な体脂肪を減らすことですが、例えば、5Kg体重が落ちたとしたら、3Kgが筋肉、2Kgが体脂肪というくらいの割合になります。

なぜ、筋肉量が減ると問題なのかというと、筋肉量が減ることで基礎代謝量が低下してしまうことです。

基礎代謝とは、人が生きていくために最低限必要なエネルギーのことで、一般的な人なら、1日の総消費量の約60~70%を占めています。

そして、基礎代謝に必要なエネルギーは、主に筋肉で使われるので、筋肉量が減ると自然と基礎代謝量も低下するというわけです。

1日の総消費量の60~70%も占めている基礎代謝量が低下すれば、当然、かなりの消費量が低下して痩せにくくなってしまいます。

さらに、いつまでも無理な食事制限が続くわけがないので、前の食事量に戻した途端に、消費量が低下している体は過食状態となって激太りすることになります。

これがリバウンドの仕組みです。

逆に、基礎代謝量が高ければ、1日あたりの総消費量が増えて、リバウンドしにくく、痩せやすい体になります。

これは、現在、最も効果的なダイエットの手法とされています。

食事制限はしないで、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉量をアップし、基礎代謝量を高め、それに加えてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行えば、理想的なダイエット法になります。

しかし、食事制限はダメとは言っても、好きな物を好きなだけ食べていては、いくら運動で消費量を上げても過食状態になり、太ってしまいます。

無理な食事制限はダメですが、過食状態にならないように、ある一定の量を保てるように、しっかりと食事コントロールしなければなりません。

ですが、この食事コントロールが一番難しいかもしれません。